会計士に転職する方法|夢を具現化するには

華やかな舞台を支える仕事

レディ

大工の技に工芸のセンス

大工の技能を持った人に対する求人といえば、工務店や建設会社などが一般的です。しかし、中にはちょっと異色の職場で働くことのできるチャンスもあります。それが大道具です。大道具とは各種の舞台装置またはその作り手のことをいいます。演劇やバレエ、コンサートなどの舞台における背景や、テレビや映画の撮影現場におけるセットの制作が主な仕事になります。最近では見本市等のブースやデパート等のディスプレイ、テーマパークのステージ制作など、仕事の幅は広がる傾向にあります。大道具の求人企業は多岐にわたっています。以前は劇団やテレビ局、映画会社などが直接雇用することも少なくありませんでしたが、現在ではアウトソーシング化が進んでいます。最も求人が多いのは美術制作会社と呼ばれる専門会社で、独立して事業を展開しているケースもあれば、テレビ局などの子会社として局の仕事を専門に請け負っているケースもあります。大道具の仕事に求められるスキルは、基本的には通常の大工と同じです。舞台装置は木材や鉄骨を使って組み上げるのが一般的で、時には本物の家と変わらないスケールのセットを作ったりすることもあります。その一方で、大道具ならではの特殊な技能が必要とされることもあります。舞台装置には人工物だけでなく、山や川、樹木、石などの自然物を模したものもあります。こうしたものを作る際には、彫刻や塑像などに似た作業が必須となります。また、最近はコンピュータソフトを使って設計を行う機会も増えているため、求人に応募する際にCADなどの知識が求められることもあります。